血の巡りを良くするサプリメント、意外な食べ物に血流改善効果あり

血の巡りを良くするサプリメント、意外な食べ物に血流改善効果あり

成分表をチェックしていて「血の巡りを良くするサプリメントに何でこんな成分が含まれているんだろう? もしかして表記ミス?」なんて思ってしまう時ってありませんか?でもその成分表は間違っていません。実は意外な成分に血流を改善する効果があるんです。

 

例えば玉ねぎに多く含まれるケルセチンです。ケルセチンは一般的に筋肉の緊張をほぐす効果がある成分と思われています。でもその筋肉の緊張をほぐす効果が間接的に血管を若返らせ、血の流れを良くしてくれるんですね。

 

あと意外な所では唐辛子に多く含まれるカプサイシンなんてのも忘れてはいけません。唐辛子は寒い時に食べると体が温まると言われていますよね。あれは実は血流を改善してくれているんです。もちろんカプサイシンの効果は永続的なものではなく、持って数時間ですが、でも速効性があるという意味ではサプリメントよりも使えるかもしれません。(カプサイシンはサプリメントにも含まれていることがありますが、カプサイシンに関しては唐辛子から直接摂取した方が良いでしょうね。)

 

それと鉄分なんかも重要ですね。もちろん鉄分に直接的な血流改善効果はありません。でも鉄分がないとヘモグロビンが生成されなくなり、体内の酸素が足りなくなるので問題なんです。血流が改善しても運ぶ酸素がなければ改善した意味がないですからね。酸素が細胞に届かなくなると体が極端に疲れやすくなりますから、やっぱり鉄分摂取は大切です。